スポンサーリンク
九谷焼(kutani)

九谷焼(くたにやき)は日本の石川県で生産される磁器。五彩手という鮮やかな絵付けが特徴。

九谷焼の起源は、江戸時代前期。石川県南部で生産される色絵の磁器。五彩(緑、黄、赤、紫、紺青)が特徴的。「古九谷」「青手」「赤絵細描」など、時期や画風で呼び名がある。
ハッピーワイン(HAPPY WINE)

<ハッピーワイン011> スワロフスキーで飾られた赤ワイン

スワロフスキー(SWAROVSKI)をまとった Diadema
ハッピーワイン(HAPPY WINE)

<ハッピーワイン009>高級カナダ産アイスワインやこだわって造られたスペインワインなど。

イニスキリンのアイスワインは世界中で賞賛され、現在59カ国で販売されています。全世界の旅行業界でNo.1の出荷実績
ハッピーワイン(HAPPY WINE)

<ハッピーワイン008>ピエモンテのワインの王様と広く見なされているバローロ

スペインワイン界では誰もが一目置く醸造家 ラウル・ボベ氏。短所は『完璧主義』。
ハッピーワイン(HAPPY WINE)

<ハッピーワイン015>評判の良い上級クラスのワインは大半がレストランへ

「ボルドーで最もお値打ちで最上の赤」と言われるフロンサックのトップシャトーのひとつシャトー・オー・カルルのワイン
ハッピーワイン(HAPPY WINE)

<ハッピーワイン007>原料は100%国産ぶどうを使用した純国産ワインの勝沼醸造のワイン

甲州は1300年以上の歴史を持つ日本固有のぶどう品種です。
ハッピーワイン(HAPPY WINE)

<ハッピーワイン006>少量生産イタリアワイン ブランディーニ バローロ

イタリアワインの王様と称えられるバローロ。生産本数限定のワインです。
ハッピーワイン(HAPPY WINE)

<ハッピーワイン005>カリフォルニアのロマネ・コンティと称される人気のカレラなど

熱狂的人気より一時市場から姿を消し、幻のワインとまで呼ばれたカリフォルニア・ピノ・ノワールの先駆者カレラのワインなど
ハッピーワイン(HAPPY WINE)

<ハッピーワイン004>アメリカ、フランス、ドイツなど、白ワインは少し冷やして。

幻の宝石ワイン シャトー・ラリヴェ・オー・ブリオン ブランなど
ハッピーワイン(HAPPY WINE)

<ハッピーワイン013>シャトーファルファ2014年のグレートヴィンテージは日本国内独占販売 

和光のみの限定品やロールスロイスのグリルデザインのワイン、食材、美味しいスイーツのご紹介も。
ハッピーワイン(HAPPY WINE)

<ハッピーワイン012> ポン・デ・ザール、フィリップス・ヒル・エステイト ブーントリンなどの稀少なワイン

シャトー マルゴーのオーナーの息子と、元フランス首相の子息、ボルドーとブルゴーニュのワインメーカーやフランスの著名なワインエキスパートのめぐり逢いにより生まれたワインなど、
オレフォス(Orrefors)

スウェーデン生まれのオレフォス(Orrefors)とは

オレフォスは社は1726年、スウェーデン南部の美しく豊かな森林地帯で創業されました。
今日の一言(wordoftheday)

ワタリガニの炒め物と冷やし中華。オレフォスのガラスの器で。

ワタリガニと空心菜を豆板醤を使って中華風の炒め物に。ガラスのお皿はオレフォスです。
茶器(teaware)

平安竹峰 古川竹峰 十草 蓋付汲出 五客 京焼 清水焼

蓋付湯呑をご紹介。京都 平安竹峰 古川竹峰 十草 蓋付汲出 五客と鉄刀木(たがやさん)茶托です。
今日の一言(wordoftheday)

夏は水出しの緑茶がおいしい。水出し緑茶をおすすめする理由。

前日の夜に用意しておきました。ティーポットに緑茶のティーバッグを一つ。そして水を入れて冷蔵庫へ。翌日緑が鮮やかな水出し緑茶の出来上がり。
海外ブランド

マリメッコ(marimekko)のかわいいお花のお皿やカップ&ソーサー

マリメッコとは、独創的なプリントや色使いで有名なフィンランドのデザインハウス。 1951年マリメッコ株式会社という名が会社登録され、翌年マリメッコのショップがヘルシンキにオープンする。
アラビア(ARABIA)

アラビア/ARABIAはフィンランドの陶磁器のブランドです。

1873年に誕生した北欧フィンランドのアラビア社。フィンランドのヘルシンキの陶磁器メーカーアラビアはスウェーデンの会社ロールストランド(Rörstrand)が事業拡大に伴って創業設立されたもの。
今日の一言(wordoftheday)

Grappa del Podere Monfalletto dei Marchesi Paolo Giovanni,Enrico Cordero di Montezemolo

1977年趣味でグラッパを造り始めたパオロ・マローロ。当時グラッパと言えば古臭く田舎の安酒、酔うためだけの酒という印象でしたが、造るなら最上級の物をと思いグラッパの研究を始めました。
今日の一言(wordoftheday)

ホワイトコーンのバター炒め。シンプルな料理だけどすごく美味しい。

とうもろこしの季節になるとこの料理の出番が多くなります。 コーンを軸から包丁でそぎ落とし、北海道バターで炒める。それだけ。
今日の一言(wordoftheday)

梅ジャムの作り方。青梅よりも完熟梅のほうが良い理由。梅ジャムの効能。

梅が出回るのが6月頃。 お庭に梅の木がある方から頂いた梅と、スーパーで買った紀州の梅。 両方とも完熟の黄色くなったものを使ってジャムを作ります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました