2022-09

スポンサーリンク
シュピゲラウ(SPIEGELAU)

シュピゲラウはビールグラスやワイングラス、タンブラーなど10種類以上のシリーズを展開

約500年もの歴史の中で培われた技術と最新テクノロジーを融合し、高品質なガラス製品を作り出しています。
海外ブランド

リーデルのワイングラスはワイン生産者の意見を取り入れて作られているのが特徴

グラスの形状によってワインの香りや味わいが変化することに着目し、世界で初めてブドウの品種に合わせたワイングラスを開発したメーカーです。
ウェッジウッド(WEDGWOOD)

ウェッジウッドのスピリット「質の高いテーブルウェアをより多くの人に」

高級食器を製造・販売しているが、アクセサリやタオル、テーブルクロスなども扱っている。ジャスパーウェア、クィーンズウェア、ブラックバサルトなどの名作が誕生したのちに「ファインボーンチャイナ」が誕生。
海外ブランド

モーゼルはオールハンドメイドで鉛を使わないカリガラスによる技法を守り続けている。

美しい色合いは天然貴石を思わせる貴石カラーのクリスタルガラス
日本のブランド、産地

日本では業務用として一流ホテルやレストランでも使用されています。

アメリカンカジュアルブランドとして広く定着したMIKASAブランド。
日本のブランド、産地

宮内庁御用達 山田平安堂。漆器を身近に、もっと楽しく日々の食卓に。

代官山の直営店及び、 百貨店を通じて90年以上に渡る、漆器の専門小売店。
海外ブランド

ダブルウォールやフレンチプレスが有名なボダムはデンマークで生まれたキッチンウェアブランド

コーヒーカップやティーカップなどシンプルで美しいデザインの食器
日本のブランド、産地

東洋佐々木ガラス(TOYO-SASAKI GLASS)は国産ガラスの食器メーカー

ワイングラス, シャンパングラス, ビールグラス, ビアジョッキ, タンブラーグラス, ゴブレット、ウイスキーグラス、切子など
伊万里陶苑(imaritouen)

伊万里陶苑のグッドデザイン賞を受賞した絵柄は、和食器、洋食器としても使えます。

陶土、土作り、生地づくりから釉薬、焼成と全てに特別なこだわりを持ち、全ての工程を伊万里陶苑で行う。
海外ブランド

ピリヴィッツは伝統あるフランスの磁器ブランド。美しい白と厚みのあるフォルムが特徴。

業務用食器として世界の一流ホテルやビストロ、カフェで使われている白い食器
ササキガラス(sasaki glass)

ササキガラスの日本初、食器用口部強化グラス「HS ハードストロング」が丈夫で便利

昭和レトロなグラス、丈夫なソーダガラスのグラス、カラフルな色ガラス、クリスタルガラスなど
岩田ガラス(IWATA GLASS)

イワタガラスは岩田藤七によって作られた、日本的造形美を追求した工芸品

吹きガラスによる一点ものの作品を次々と展覧会で発表し、ガラス工芸という新たなジャンルを切り拓いた
日本のブランド、産地

タカラダ(TAKARADA)は高級洋食器、オリジナル食器を扱う。オールドノリタケも。

横浜 元町商店街のメインストリートにあり、山手・中華街・山下公園も近く、観光・散策と一緒にショッピングも楽しめる。
海外ブランド

ダヌーンのマグカップは軽くて丈夫。そしてカラフルでデザインもいろいろ。

イギリスのダヌーンはストーンウェア製マグカップのトップブランドメーカーです。
海外ブランド

トナラ焼(Tonalá)はメキシコのトナラ地方で作られる民芸品

ふくろうの置物が有名。大きな州グアダラハラのトナラとトラケパケはメキシコ最大の陶器の街。
其泉窯(kisengama)

其泉窯(きせんがま)は有田焼の賞美堂がプロデュースするブランドです。

其泉は、日本の磁器発祥の地有田に本店を構える賞美堂がプロデュースした、オリジナルブランドです。
日本のブランド、産地

蔵珍窯(ぞうほうがま)は手づくり、手描きにこだわり「絵付の窯元」として器作りをしています

椿のモチーフがかわいいカップ。長寿の象徴とされてきた椿。冬になっても落葉しない生命力あふれる常緑樹です。
ジャス(Jars)

フランスのジャスはシンプルで耐久性に優れたテーブルウェア

シンプルで生き生きとした Jars の作品は長年の伝統と技術を大切にしながら、自然の陶土、釉薬を使って手作りでストーンウェアを生産しています。
コスタボダ(KOSTA BODA)

コスタボダとオレフォスは同じスウェーデンのブランド

1742年スウェーデン南部のスモーランド地方で設立されたガラス工場「コスタ」に始まります。
今日の一言(wordoftheday)

ながらみ貝を次の日に食べると身がしまってまた別の味わいに。

千葉県の外房で獲れる巻貝
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました