美味しいワイン、飲んでみたいワイン、試してみたいワイン、おすすめしたいワイン、珍しいワインなど

スポンサーリンク
ハッピーワイン(HAPPY WINE)

<ハッピーワイン015>評判の良い上級クラスのワインは大半がレストランへ

「ボルドーで最もお値打ちで最上の赤」と言われるフロンサックのトップシャトーのひとつシャトー・オー・カルルのワイン
ハッピーワイン(HAPPY WINE)

<ハッピーワイン007>原料は100%国産ぶどうを使用した純国産ワインの勝沼醸造のワイン

甲州は1300年以上の歴史を持つ日本固有のぶどう品種です。
ハッピーワイン(HAPPY WINE)

<ハッピーワイン006>少量生産イタリアワイン ブランディーニ バローロ

イタリアワインの王様と称えられるバローロ。生産本数限定のワインです。
ハッピーワイン(HAPPY WINE)

<ハッピーワイン005>カリフォルニアのロマネ・コンティと称される人気のカレラなど

熱狂的人気より一時市場から姿を消し、幻のワインとまで呼ばれたカリフォルニア・ピノ・ノワールの先駆者カレラのワインなど
ハッピーワイン(HAPPY WINE)

<ハッピーワイン004>アメリカ、フランス、ドイツなど、白ワインは少し冷やして。

幻の宝石ワイン シャトー・ラリヴェ・オー・ブリオン ブランなど
ハッピーワイン(HAPPY WINE)

<ハッピーワイン013>シャトーファルファ2014年のグレートヴィンテージは日本国内独占販売 

和光のみの限定品やロールスロイスのグリルデザインのワイン、食材、美味しいスイーツのご紹介も。
ハッピーワイン(HAPPY WINE)

<ハッピーワイン012> ポン・デ・ザール、フィリップス・ヒル・エステイト ブーントリンなどの稀少なワイン

シャトー マルゴーのオーナーの息子と、元フランス首相の子息、ボルドーとブルゴーニュのワインメーカーやフランスの著名なワインエキスパートのめぐり逢いにより生まれたワインなど、
今日の一言(wordoftheday)

Grappa del Podere Monfalletto dei Marchesi Paolo Giovanni,Enrico Cordero di Montezemolo

1977年趣味でグラッパを造り始めたパオロ・マローロ。当時グラッパと言えば古臭く田舎の安酒、酔うためだけの酒という印象でしたが、造るなら最上級の物をと思いグラッパの研究を始めました。
ハッピーワイン(HAPPY WINE)

<ハッピーワイン010>シャトー・グラン・ラカーズ Ch. Grand Lacazeフランス。おすすめのデイリーワインです。

パリ農業コンクール金賞。柔らかな印象が好みの方は次の日に飲むのをおすすめ。デイリーワインとしてコストパフォーマンスの面でも味わいでも良いワインだと思います。
ハッピーワイン(HAPPY WINE)

<ハッピーワイン003>フランス、カリフォルニア、ハンガリーのワインを楽しむ。

1989年 カリフォルニアソノマにココ・ファーム・ワイナリーの農夫達によってぶどうが植えられました。 オーバード2009は、友人マットさんに醸造、瓶詰めを委託したクラシックスタイルのフルボディの赤ワイン。2009ビンテージは驚きの一言。
今日の一言(wordoftheday)

<ハッピーワイン014>ナパバレーのカベルネ・ソーヴィニョン SCATTERED PEAKS 2017とエビときのこの炒め物

ジョエル・エイケンによって作られたナパバレーのカベルネ・ソーヴィニョン。ファーストリリース2015年パーカーポイント97ポイント。しかし2016年は何百ものケースを大きなスコアなしで販売した驚くべきワイナリー。
ハッピーワイン(HAPPY WINE)

<ハッピーワイン002>MAGNIFICA 5 マグニフィカ・ファイブ シャルドネ 2008と中華料理

郷ひろみがカリフォルニアソノマコーストのワイナリーのシャルドネを使い、オリジナルワインをプロデュース。2010年頃に日本に輸入されたもの。日本では3店舗でしか提供されなかったワイン。1本2万円前後。
ハッピーワイン(HAPPY WINE)

<ハッピーワイン001>シミアレキサンダーヴァレー カベルネソーヴィニヨン 2002とラリックのグラス

Simi Alexander Valley Cabernet Sauvignon 2002 現在販売されているヴィンテージのものとは全く違う味。流石に昔は高かっただけのことはありました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました