日本のブランド、産地

日本のブランド、産地

スポンサーリンク
やちむん(yachimun)

日本の沖縄では焼き物のことを「やちむん」と呼びます。

ぽってりと厚い形状に力強い絵付けがなされた器や壺は、沖縄の人々の暮らしに深く根付いています。
アフタヌーンティー(Afternoon Tea)

アフタヌーンティーAfternoon Teaはどこの国のメーカーか。どんな食器があるのか

1981年渋谷パルコパートⅢに、アフタヌーンティーの1号店がオープンしました。
九谷焼(kutani)

九谷焼(くたにやき)は石川県で生産される磁器です。五彩手という鮮やかな絵付けが特徴。

九谷焼の起源は、江戸時代前期。石川県南部で生産される色絵の磁器。五彩(緑、黄、赤、紫、紺青)が特徴的。「古九谷」「青手」「赤絵細描」など、時期や画風で呼び名がある。
ブルーダニューブ(Blue Danube)

ブルーダニューブのブルーオニオンは4大ブルーオニオンの一つです。

陶磁器ブランド「ブルーダニューブ」は岐阜県にある株式会社丸多製陶所によって50年以上デザインを変えずに生産を続けています。ブルーダニューブ(Blue Danube)のブルーオニオンとは4大ブルーオニオンの一つで、「ジャパニーズ・ブルーオニオン」と呼ばれることもあります。
ホヤ(HOYA)

ホヤ(HOYA)とは。いろいろなグラスやお皿、ボウル、花器など。

HOYA株式会社とはメガネ、コンタクトレンズ、医療用内視鏡などを展開するグローバル企業。2009年まではクリスタルのグラスをはじめとする日常でよく見かける食器を製造していました。
しん窯 青花(shingama-seika)

しん窯 青花のお皿、カップ、ポットなど、染付の和食器はいろいろなお料理に合います。

「青花」は、しん窯のブランド名です。1830年(天保年間)に有田皿山・外山に創業。有田焼の産地・佐賀県有田町に工房を構える。しん窯では、すべてが手づくり、手描き。
ニッコー(NIKKO)

ニッコー(NIKKO)プレート、カップ&ソーサー、シルバーレスト

1908年 石川県にて日本硬質陶器株式会社 創業 ・1950年 日硬陶器株式会社を設立 ・1983年 社名をニッコー株式会社(NIKKO COMPANY)に変更 ・事業内容:テーブルウェア、繊維強化プラスチック加工、浄化槽、水処理プラント、システムバスルームの製造、電子セラミック事業など
白山陶器(HAKUSAN)

白山陶器/HAKUSAN お皿、平茶碗、箸置きなど

長崎県波佐見町にあり、デザインから製造までを一貫して行う食器のブランド。1779年創業、1958年に白山陶器株式会社を設立。シンプルで飽きがこない、機能としても抜群の美しい器で長く愛用できるものばかりです。グッドデザイン賞やロングライフデザイン賞など、多数の賞を受賞。
日本のブランド、産地

深川製磁/fukagawa-seijiのお皿

1894年に創業の佐賀県有田町にある日本の陶磁器ブランドのお皿と江戸切子 バロンクラフト 冷酒器揃
今日の一言(wordoftheday)

エビのグリルとズッキーニとひき肉の炒め物。深川製磁のお皿で。

エビのグリルは塩コショーとケイジャンミックスを少し振るのがポイントやっぱり殻付きのまま焼いてビールがピッタリ。深川製磁のお皿に乗せて。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました