シュピゲラウはビールグラスやワイングラス、タンブラーなど10種類以上のシリーズを展開

シュピゲラウ(SPIEGELAU)海外ブランド

シュピゲラウ(SPIEGELAU)とは

名称:シュピゲラウ(SPIEGELAU)
国、産地:ドイツ バイエルン地方シュピゲラウ
何の会社:グラスメーカー
創業年:1521年
現在:「有」2022年 現在(リーデルグループ)

シュピゲラウ(SPIEGELAU)について

シュピゲラウは、1521年に南ドイツのバイエルン地方シュピゲラウという街で生まれたグラスメーカーです。

16世紀には当時人気のあった鏡やビーズや装飾的なガラスボトルを、19世紀には嗅ぎタバコ用のボトルを生産するなどし、その卓越した技術とデザインが大変な評判となりました。

シュピゲラウのコンセプトは「Light&strong(軽くて強い)」。

鉛を含まず、上質で薄いガラスを作り出す「吹きガラス製法」により軽量感をアップし、 製造工程に使用するチューブにプラチナを採用した「プラチナ製法」で耐久性を向上させました。

1,500回の繰り返しの洗浄テストにも耐える強度と永く美しい輝きを保つシュピゲラウは、 世界中の五つ星ホテルやレストランのプロフェッショナルにこよなく愛され続けています。

Spiegelau Authentis
ブラインドテイスティンググラス 320ml

ブラックのワイングラスはブラインドテイスティングにぴったり。

合併情報


1990年 ドイツのグラスメーカー「ナハトマン」社が親会社となる
2004年 オーストリアのグラスメーカー「リーデル」社が親会社となる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました