砥部焼(とべやき)は日本の愛媛県で作られている磁器です

砥部焼(tobeyaki)砥部焼(tobeyaki)
砥部焼(tobeyaki)

砥部焼の産地は

砥部焼(tobeyaki)は日本の愛媛県伊予郡砥部町(エヒメケンイヨグントベチヨウ)を中心に作られている磁器です。

特徴は

飾り気のないシンプルなラインで、描かれるモチーフも自然を手本にしたものが主流。
唐草紋、太陽紋、なずな紋などがよく使われます。

ぽってりとした厚みのある独特の形は耐久性があり、日常使いに向いています。

割れにくいため食洗機で洗えたり、熱に強いため電子レンジでの加熱も可能。

熱が伝わりにくく、手で持っても熱さを感じにくく料理が冷めにくいなど、使い勝手が良い。

さらには値段が手頃で、身近な器です。

1976年には国の伝統的工芸品に指定される

白磁、染付、青磁、天目 (鉄釉) の4種類が国の伝統工芸品に指定されている一方で、実用性とデザイン性も高く、日々の暮らしにぴったりのうつわが多いところも魅力のひとつ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました