銀杏の調理方法はいろいろあるけれど、鍋で煎った方がおいしい。

源右衛門 銀杏今日の一言

もちっとした食感と、ほんのり苦みがあって美味しい銀杏。

電子レンジで調理するのも簡単でいいですが、やっぱりフライパンで煎るのが美味しい。

10分ほど乾煎りすればでき上がり。加熱中は破裂する可能性があるのでフタをした方が安全。熱いうちに皮をむきましょう。

塩は振ってもいいけれど美味しい塩を後付けで食べるのが好き。

美味しくて止まらないのですが、食べすぎには注意してください。

銀杏

 

電子レンジで調理する方法
10個~20個ぐらい
封筒などの紙袋があればその中に銀杏を入れますが、封筒がない場合ラップをちょっと厚めに巻いておきます。500Wで約2分。 様子を見て延長したりします。

ペンチやキッチンバサミで割れ目を入れておいた方が安全(破裂するかもしれないので)

銀杏の食べ過ぎに注意

効果効能として

ビタミンB1が多く含まれ、疲労回復に効果あり。食欲不振、肩こり、イライラの解消などが期待できます。また、利尿作用があり高血圧やむくみの改善に有効とされています。

こんな体に良い銀杏ですが、
食べ過ぎると

子供は5~6粒摂取しただけで中毒を起こす場合があります。痙攣や吐き気などの症状を引き起こします。

大人は、肝臓に解毒酵素があるため、大量に食べなければめったに中毒症状は起きません。

どのくらいの数かというと、小児で7~150個、成人は40~300個と言われています。
ビタミンB6が体内にどのくらいあるのかや、基礎疾患で変わってくるのでかなりの開きがあります。.

.
.

コメント

タイトルとURLをコピーしました